慶應義塾大学はマサチューセッツ工科大学、欧州情報処理数学研究コンソーシアムと共にW3Cの活動を支えるホストの1つです。慶應義塾大学は東アジア地区を担当しております。

Keio University

最近ホットな話題

現在 W3C ではさまざまな Web 技術の標準化に関する活動を行っております。その中で特に日本国内でも話題となっているトピックとして、以下が挙げられます。 なお、以下の各トピックについては、Web 標準策定に関する幅広いご意見を皆様からいただくために、それぞれ専用の Interest Group を設置しております( Interest Group (IG) について)。

Web and TV

Web と放送、そしてTVを含めた各種機器に関する技術を融合するべく、関連する様々な技術について幅広い意見を集約するための活動です。詳しくは Web and TV Interest Group のページをご覧ください

HTML5 ( Japanese Interest Group )

HTML5 や関連する仕様の改善や問題点等について日本語で議論をする活動です。活動内容は議論も含め公開されており、集約されたご意見は、最終的に HTML Working Group 、および関連する各グループ・コミュニティ等にフィードバックされます。 詳しくは HTML5 Interest Group のページをごらんください。

SVG ( Japanese Interest Group )

SVG や関連する仕様について日本語で議論をする活動です。SVG の仕様改善のために、日本からのご意見を吸い上げ、集約されたご意見は最終的に SVG Working Group へとフィードバックされます。詳しくは SVG Interest Group Japan のページをご覧ください。